ブログ

木製家具の取り扱いについて

家具のような大きな買い物は一生大切にしたいですよね。
今日は木製家具を綺麗なままキープするための取り扱い方法をお教えします!

IMG_1935

1:家具は直射日光に当たる場所に置かない

木製家具の表面は、塗料によってコーティング加工されていますが、無垢材を使用している場合、未コーティングなため表面が熟成し、色が変化していきます。
特に太陽光によって家具の一部が薄くなる『日焼け』には気をつけましょう。

2:熱源から離して使う

木製家具の天板は熱に弱く、変形や焦げの原因につながります。
特にキャンドルなどの熱いものを載せる場合、テーブルマットを敷いておくと安心です。

3:水気は早めに取り除く

梅雨の季節などは湿気を含み、膨張することもあります。この場合、晴れた日に風通しの良い所に置くと解消されます。
湿気の有無に関係なく木製家具は水分に弱いため、水をこぼしたらすぐに拭き取りましょう。

4:お手入れは布ふきんを使う

普段の手入れは清潔で柔らかい布を使いましょう、これだけで木のツヤが現れます。
汚れがひどい場合は少量の中性洗剤をぬるま湯で薄めて付け、ふきんを硬く絞って拭きましょう。拭き終えたら換装したきれいなふきんで、表面の洗剤分や水分を落とします。
頑固な汚れの場合、少量の中性洗剤をそのままふきんにつけてこすると効果的です。ただし、この方法は家具を痛める可能性もあるので要注意。もし気になる場合は見えにくい場所で試すのもあります。
シンナーや除光液などの『揮発油系』の洗剤を使うのは厳禁です。コーティングが剥げ、変色の原因につながります。
     
木製の家具を購入した際は上記のことに気をつけてくださいね!

布地ソファーのお手入れ方法

こんにちは!ふぁふぁです!今回は布地のソファーのお手入れ方法をご紹介します!

SS-112BE_2_detail

 

布地ソファーは人の汗や皮脂、ホコリやペットの毛などで想像以上に汚れています。
隙間に入り込んだ汚れはこまめに掃除機で吸い取るようにしましょう。
当店で扱うソファーはカバーが取り外せる商品を多く取り揃えていますので、定期的にドライクリーニングを行うことができます。

ソファーに汚れがついた場合、すぐに濡れタオルで拭き取りましょう。
40度ぐらいのお湯に中性洗剤を入れて薄め、布の目にそって叩くように吹いていきましょう。
カーペット用クリーナーや市販の道具もありですが、生地を傷めたり色落ちの原因になるので、まずは目立たない場所で試しましょう。
漂白剤やシンナー、ベンジンは色落ちの原因になるので使ってはいけません。
     
他にもソファーの日焼けや火事を避けるためにも、ストーブやファンヒーターからは離して使い、直射日光の当たらない場所にソファーを置きましょう。

 

家具購入の際の豆知識!家具の商品サイズを覚えておこう

今日は家具を購入する際に注意しておきたいことについてご紹介します!

arly120-02

◆寸法をチェックしましょう!

家具を購入する前に、寸法をしっかりチェックしておきましょう。
特に『一番短い辺』と『一番長い辺』を確認しておかないと、部屋にはいらないというケースも出てきます。
購入前に新聞紙などを商品の寸法で広げ、レイアウトを掴んでおくことをおすすめします。
また、商品はダンボールやエアパッキンで梱包されて送られてくる都合上、5~10cmほど大きくなります。
     
玄関から部屋に入りきれない場合、一度お問い合わせください。

チェストとタンスの違いとは?

そもそもチェストって何か皆様はご存知でしょうか?

force-150-4-01

 

face148-01

 

buono100-01

 

タンスと一緒のイメージが多いですよね!
大体同じですが、少し違います。

タンスは日本で昔からある、衣類などの収納家具です。
チェストも一緒でタンスなのですが、正確には「西洋タンス」です。
タンスは大きさが大きいものや木でつくられているものが多いですが
チェストは色、サイズ、素材、大きさが様々あります。
低いものをローチェスト、高いものをハイチェストといいますよね。

部屋に応じて大きさを使い分けれることがチェストの魅力です。
例えばリビングなど人が集まり、部屋を広く見せたい場所は低めのローチェストを置くと使いやすく、インテリアセンスが良く見えます。
収納するものが細かく多い方は、引き出しの多いチェストを選ぶと使いやすいと思います。

当店はチェストの種類が豊富です。自分の生活に応じたチェストをぜひお選びください。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。